CENTURION CITY SPEED 8 クロスバイク化!?

当店でお求め頂いたセンチュリオンシティースピード8です。

デフォルトだと32Cのタイヤを履いてフラットバーハンドルのスピード系クロスバイクです。

ジオメトリーを、ほぼ共有しているクロススピード系は、フラットバーロードとも言えるほどの設計なので、クロスバイクというよりロードよりの内装8段変速搭載町乗り最強超特急自転車というような自転車です。

カスタムポイントは多数有るものの、渋くまとまっているので画面上ではあまり目立たないと思います。

こういうカスタムもカッコイイですね。

ワイルドに見せるためと、実用強度を上げるため、35Cのセミブロックのラバーサイドのタイヤに交換してます。一見、デチューンに見えますが、速くてスムーズなだけが”高性能”ではありません。

ハンドルバーは、KORE エリートライザーで、グリップはブレイブのスカルロックグリップ、ステムはTIOGA CNC Xボーンです。

で、見た目あまりにもナチュラルすぎて目立たないのですが、とってもナイスなカスタムポイントが、シフトレバーのラピッドファイヤー化です。

ノーマルのシフターはグリップシフトで、当然右のグリップが短い物しか使えませんし、どうしてもブレーキレバーの位置が左右でずれてしまいます。

町乗り超特急ならベストでしょうが、スポーツテイストを大事にするおいらは気に入らなかったので即、交換をお勧めしました。

ね、スッキリ!!いくら高級内装8段シフトだとしても、グリップシフトは子供車みたいでいただけません。

カッコイイ、コクピットになりました。

オーナーさんは、恥ずかしがり屋さんで、自転車のみの掲載をお願い致しました。

後日、『サスペンション付けられない?』とのご相談。

即対応!SR SUNTOUR SF11‐NCX E サスペンションを取り寄せ装着しました。

63mmストローク、エアースプリング、スピードロックアウト、1730g、クロスバイク用サスペンションの最高級グレードです。

最高級と言っても、定価23,100円なので、昔のサスペンションと比べるとかなりリーズナブル!!!

動きも、クロスバイク用とと言えどもなかなか良いです。

馴染んで来ると、もっとスムーズに動くと思いますが、箱出し組み付け状態でこの動きであれば、最初の状態でも満足です。(おいらが)

ん~、普通のクロスバイクの見た目になりましたが、見る人が見ると『ん!?ん~ん!!!?』と、思って頂けるような仕上がりになったと思います。

ちなみに、ペダルもTIOGA シュアーフットMXプロです。

各所に高級パーツてんこ盛り!!!

チェーンリングのフィキシングボルトも、TOKENのジュラルミンボルトになっています。

次回は、ブレーキ系統??

サドル交換???

内装11段変速インストール??!?!!?

お待ち申し上げております。

続きを読む

バックファイヤー200 ドレスアップカスタム

お客様に御注文いただきまして、センチュリオンのバックファイヤー200を、カスタムしてみました。

もともと、リヤ9スピードで、ハイドロディスクブレーキ搭載、信頼のシマノアリビオのフルコンポ(ハブまでシマノ製)、のハイコストパフォーマンスモデルです。

ですので、ドライブトレインや、ブレーキなどには手を入れていません。

元ネタです。これが・・・・・・・

ど~ん!

以前、当店の近所にお住まいだったお客様で以前の車両もおいらがいじっていたのですが、お引越し後、新たなお住まいの周りにあまり良い自転車店が無い(スポーツ車お断り、サスペンションフォーク交換を断るプロショップもどきのお店に辟易されていたようです。)とのことで、遠路乗用車でいらしていただきました。本当に嬉しかったです。

性能は、元々素性の良いバックファイヤーですし、”海辺の道路をお散歩気分で流して走る”用途との事で、今回は、”見た目”と、”安心して乗れる”をコンセプトにゴリゴリのレースパーツと言うより、上品なパーツを、高額に見え過ぎないように、遊び心を大切に組み合わせてみました。

とは言うものの、パーツを拘って選んだためとんでもない値段に・・・・・・

でも、車いじりでマフラー交換したら、一発で飛んでしまうような金額です。世界に1台の自分用の自転車が手に入ると考えればお安いかとも!?

ものは考えようです。もちろんおいらも、そう思っております。(過去ログのおいらのMESAを見ていただければ・・・)

基本的には、カラー、デザイン、パーツ構成などはお決めいただきましたが、全体のバランス(カラー、ポジション)、細かいところ、追加した方が良さそうなところなどは、距離が距離なので、メールでご相談させていただきましたが、基本的にパーツ選定をお任せ頂けたので非常に助かりました。

これは、おいらのこだわりでKMC X-9 ゴールドチェーンを入れさせていただきました。

ディレーラープーリーはKCNC製のベアリングプーリーです。同じく、KCNC製のディレーラーボルトは、当店からのサービスです。

サドルは、allayのレーシングスポーツ2.1をチョイス!昔のリーボックみたいにポンプが付いていて、お好みの硬さにエアを入れて調整できます。シートピラーも、KCNCです。

個人的には、レーシーになり過ぎず、子供っぽ過ぎず、かと言って高級感満点(おパーツひとつひとつは高級ですが)になりすぎて嫌味が出ないように気をつけてみたつもりです。

とっても”楽しい”自転車になったと思います。

余ったパーツは、以前販売させて頂いたROCK5000の修理に回しました。

サスペンションがゴリゴリだったので、当店にストックのあった、ROCKSHOX TORA RSに交換して、シフトレバー、ワイヤー類、タイヤも交換して修理しています。

お引越し先が、海の近くで雨ざらしだったためか、バラしてみると、ヘッドパーツが、腐ってました!!!!

そちらも、追加作業でバッチリ交換修理させていただきました。

センチュリオンに標準装備のプロクラフトのハンドルバー&ステムです。

こちらのGIANTは、お子様にお譲りするために修理ご依頼いただいたとの事です。

2台で、サイクリングして楽しんでくださいね。

本当に、この度はご依頼いただきまして誠に有難う御座いました。重ねて御礼申し上げます。

続きを読む

TOKEN ホイール 高品質です。

元バイトの大沼君(過去ログ参照)がTOKENのホイールを買っていきました。

TK9640APT(C30A)です。カタログの商品画像と大分違うビジュアルですが、実物の方が格好良しです。(リンク先の画像は合ってました。)

ティラミックベアリング採用の軽~い回転です。スルスル~ッと♪♪♪

カタログデータでの重量が1430gでしたが、品質チェックのシートでは1500g位でした。

チェックシートには、重量のほか、担当者名、振れ具合、製造年月日など事細かに記載されていました。

国内ではあまり有名ではありませんが、かなり高品質なパーツが揃ったブランドです。

ちなみに、このホイールは、UCI認定ホイールですので、公式大会にも出られます。

取り付けたのは、アンカーRCS5です。デフォルトだとシマノR500ですので、かなりのグレードアップです。

30mmハイトのリムが存在感満点です。

これくらいのハイトのリムが扱いやすくて好印象です。

あと、好印象と言えば、補修用のスポークとニップルが付属していたのも良心的でしたし、付属のクイックレバーも、今のところ日本未入荷のTK220でお買い得感満点でした。

当のオーナーは、重量の軽減で、ダンシングで振り回すのが楽になったと申しておりました。

入門車のグレードアップに最適なこのホイールいかがでしょうか?

メーカー希望小売価格52,500円

上のロゴから、ホームページが見れます。かなりマッチョで、カッコイイページになってます♪♪♪

続きを読む