虫ゴム

最近暑さが尋常ではないですよね。

当店でも、スタッフ一同汗だくで、頑張っております。

そんな暑さで件数が急上昇する修理があります。

パンクです。

しかしながら、ホントの意味でのパンクではなく、虫ゴムが駄目になってのパンクがほとんどです。

ここのところの暑さで、ゴムが劣化して逆止弁としての虫ゴムが切れたり、穴が開いたりしてエアが抜けてしまうのです。

たたし、お店に自転車を引いて来られる間に、空気の抜けたタイヤの中でチューブがズレて、結果そのまま虫ゴムを交換するだけでは駄目になってしまいます。

この場合、一度タイヤからチューブを出して、水調べと言う作業が別途必要になってしまいます。

もし、ご自宅などでパンクした場合一度、虫ゴムのチェックをしてみてはいかがでしょうか?

虫ゴムが原因なら、余分な費用がかからずにすみますよ。

続きを読む