ANCHOR大人気!!!

SIMANO105も、モデルチェンジしましたしね。

話は変わりますが以前のロードブームは、ドロップハンドルさえ付いていればOK的なブームで、なつかしのブリヂストンロードマン、レイダックあたりが人気でした。(なので、今でもロードの事をドロップと言うおっちゃんが居るのです。)

ところが、最近はネットなどで情報を仕入れることが出来るようになった影響か、本物志向が強くなっているようです。

ただ、本物志向が強くなればなるほど、どつぼにはまるもので、どの情報を信用してよいやら、果たしてどんなものが自分に合った自転車なのかわからない。なんてことになってしまうようで、最近国内メーカー大手ブリヂストンアンカーに人気が集中しているようです。

実際、当店で中~高価格帯の自転車を販売させていただいたお客様は、何件か大型販売店を回り、余計に困ってしまっていたと言われるお客様が多いですし、そう言った方々が安心して乗れるアンカーや、金額の割りに出来がよくデザインも良いセンチュリオンが当店では人気です。

高い買い物なので失敗したくない。でも、相談する人がいない。何を買っておけば良いのかわからない。

なんていう人は、自転車やってる同僚ではなく、信頼できるショップに相談してみてください。

自分で言うのもなんですが、プロの意見は参考になりますよ。

続きを読む

安全第一でお願いします。

訴訟の全てはわかりませんが、今回、争点になりそうなサスペンションの水溜り、実は、ず~~~~っと以前からあった事例なんです。

訴訟の会社とは、別の会社の事例ですが、こんなことがありました。

以前、お客様からの『サスペンションが動かない』とのご指摘で調査し、その結果を某社に報告したことがあります。

そのとき、某社からの回答は『溜まったら逆さまにしてサスペンションをストロークさせて水を抜いてください。』でした…

当然私は、納得いきません。

『お客さんにそんな事言えるわけないだろ!きちんと対応考えて!』と、いいました。

すると、某社担当営業が『スポーツ用品なので、雨の中で長時間使用する様には出来ておりません。』と、のたまいました。

『新車のうちから泥除けが標準でついている自転車で何てこと言ってるんだ~!』と、言い返すと『そもそも泥を除ける泥除けですよ。』などと、人を小馬鹿にした感じで言いやがりまして『サスペンションの底にドリルで穴を開けてはいかがですか?皆さんそうしてますよ。』
『それに、対策を教えてもそんなに納得がいかないなら訴えてもOKです。それに当社との取引もしたくないと捉えますよ。』などと、続けました。

話にならなさそうなので、別グレードの防水性の高いサスペンションを発注して交換対応しました。

こんなメーカーが実在するんです。

しかもこの某社は、今も人気があり、スポーツ車を知らない一般の方たちには1~2を争う人気ブランドです。

当店では、この対応に驚き、以後取引を必要最小限に控える様にしました。

話は飛びますが、僕が、センチュリオンを押す理由もこういった事情があるからなんです。(メンテナンス性に優れ、決して高くなく、高品質、今時シーラカンスのようなブランドです。)

自転車の寿命が短くて、ワイヤー類にも粗悪な材料を使った自転車も増えているので、最近のメンテナンスマニュアル本の間違ったメンテナンスが正しいメンテナンスとして認知されるのだろうな~。

(ワイヤー注油&ハンガー調整のくだりなんかもろです。)

話は、横道にそれてしまいましたが、訴えられた会社の製品は、以前、センチュリオンと同じ工場で同じようなクオリティーで生産されていました。

ブームで人気が出ると、悪いほう(利益追従体質)に行ってしまう悪い企業体質が出たのかな。

創業者が健在で、こだわりのあるブランドを選びましょう。
しつこいようですが、センチュリオンなど・・・

続きを読む